軽井沢でおすすめな観光スポットはいくつかあるのですが、セントパウロカトリック教会は外せないでしょう。セントパウロカトリック教会では、有名な芸能人がここで挙式をあげたりしていることでも有名です。

セントパウロカトリック教会を設計したのは、アントニン・レイモンドです。

彼はチェコ出身の建築家ですが、日本で数々のモダニズム建築を手がけ、日本の若い建築家たちに大きな衝撃を与えました。また、長野ではこのセントパウロカトリック教会以外にも別荘の建築も行っています。

もう一つは旧三笠ホテルです。

こちらは日本の建築家が設計に関わりました。その人物は岡田時太郎です。

そして監督に当たったのは、軽井沢で初めて洋式ホテルを始めた佐藤万平でした。このホテルは1970年に閉業しており、現在は国の重要文化財として指定を受けています。